ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

ティム・バートンの「コープス・ブライト」

この子が一番気に入ってしまった。かわいーv
どうしてもこんな小さいのに死んじゃったんでしょうか…。
あとイヌもかわかったです…骨ですけど。
d0045862_38067.jpg


(※多少のネタバレがあります。ご了承下さい)

ジョニー・デップの映画は全て劇場で見てませんが
(大作はともかく、見逃してばかりです…)、
ティム・バートン作品は『マーズ・アタック!』から
全部劇場で観てる程のティム・バートン好き。
何ヵ月も前から楽しみにしていたのに、上映が始まった頃から
急に会社が忙しくなり、先日ようやく見に行けました。
(『チャーリー〜』は運良く上映初日に見に行けたのですが;)

ちなみにフィギュア熱が一番高いのはスター・ウォーズ
なんですけど、フィギュアの世界を知ったのもT・バートン。
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』も
未だにグッズ欲しがりますからね、私。

性格が歪んでるせいか、T・バートンの映画の世界の、
建物の歪みとか、文字とか…雰囲気が好きなんですわ。
特に好きなのが、不気味ながらも愛らしいキャラクター。
実写では一部分のみでしたが、やはりキャラクターものはチガウ!
いっぱいT・バートンのキャラクターがいる〜♪と
嬉しくなってしまいました。笑。
(T・バートンは『オイスター・ボーイ』という絵本も出しています)

『コープス・ブライト』は、T・バートン12年ぶりの
ストップモーション・アニメでした。
(私はパペット・アニメと呼んでましたが…同じ事ですよね?)
このCG多様のご時世に、人形を使って撮影された。
『ナイトメア〜』と同じ方法で、人形(パペット)を少しずつ動かしながら、
1コマ1コマを取って行く。1,2秒を撮影する為に12時間位かかるそうだ。




しかしCGも多少使っているらしく(加工の面ででしょう)
『コープス〜』を観た瞬間に、CG色が強く感じられた。
でもやはりT・バートン。質感が良いですね。
触りたくなってきます。(同じく質感が好きなのが、PIXERアニメ!)

ただ、『コープス〜』の世界は灰色…凄く暗いのです…
どんよりしてきたところで、主人公が地獄へ引きずり込まれ、
画面は一気に明るくなります。
そう、地上(人間界)より、下界(地獄)の方が鮮やかなのです。
何と言う捻くれ(笑)。しかしこの程度の捻くれは、好きです。

ところで…花嫁が出てくるシーン。パペット・アニメなのに、
ホラーのように怖いのです…!!結構、怖かったよ〜!(笑)
昔よく観たゾンビ系の映画を思い出しました。
(一番の衝撃は『バタリアン』でした。話も人間味溢れてますし)
その後も怖い顔…もといシーンがあるのですが、
この死体の花嫁(コープス・ブライト)ことエミリーは
とっても良い子なんです。。。
でも、恋敵(古っ)のビクトリアも良い子なんです…
原作を読んでいない為(またか)、どうなるのっ!??
と普段恋愛映画を滅多に見ないくせに、非常に気になる展開でした。

最後は意外にも、かなり感動しました。
T・バートン作品では初めてかもしれません。
(おいおい『シザー・ハンズ』は?)

気になる?ジョニー・デップの声ですが、、、
私、愛しのユアン・マクレガーの声はすぐ分かるんですが
(あー『ロボッツ』見に行けませんでした…)、
ジョニーって、あの個性の強い演技の割に、意外と特徴がありませんよね。
急いで『コープス〜』を観に行ったせいか(私の頭が悪いせいですが-_-;)、
しばらく忘れていたのですが、最初に誓いの言葉を言ってた時に
思い出しました。ヘレナ・ボナム=カーターも声優初挑戦と聞いていましたが、
声もロクに思い出せなかったけど、ビクトリアではないな…とは
分かりました。しかしこの役(エミリー)の声だと、
のび太か、のび太のお母さんのような声ですね(笑。
(ドラエモンずっと見てないので、曖昧な記憶ですけど;)

でもジョニー・デップって、こういう役の方が
もっと味が出るだろうなぁ。(何と言うか…弱気で臆病な役。
『スリーピー・ホロウ』みたいな。あれはまた情けなかったですけど;)
ジョニデをこう扱えるのは、T・バートンだけかもしれません。
『コープス〜』が実写で、ビクター役がジョニーだったら…
と声を聴きながらジョニーの姿を思い描いたら、結構面白そうでした。

T・バートンが『チャーリー〜』でタッグを組んでから、
気に入ったらしいダニー・エルフマンがまた音楽担当したのですが、
『チャーリー〜』で使われたような曲だったのと、
この映画の最初からミュージカルのように歌っていたので、
げんなりしていたのですが、最初だけでした。良かった…。
あの余分と思う、地獄バー?の所をカットしたら、
もっと短い映画になりますしね…笑。

ところで、良かった映画は、必ずパンフレットを買って帰るのですが、
何と、私の目の前で売り切れ!!!
大ショックです…初めてでした…。
『コープス〜』は今週でもう終わると聞いて、慌てて観に来ました。
『チャーリーとチョコレート工場』はまだやってるのに…ヒドイ。
私的にチャリチョコより『コープス〜』の方が面白かったです…。
私が観に行った日は幸運にも女性サービスデーって事もありましたが、
100席近くを埋め尽くす程の入りだったのに〜!
(ちなみに終わる寸前の『ファンタスティック・フォー』は
同じ広さの劇場に、客10人でした…)
やはりこの映画を観る人って、T・バートンファンって、
パンフレット買う人多かったんだろうな…これだけ売り切れてましたもん。
見本を見たけど、かわいい作りでした。
多分映画を観る前だったら、数冊残っていたかもしれませんが、
SW以外は、観終わった後なんですよね…期待外れって事もありますし。
もう自分のノロさを呪うばかりでした…。
パンフレット以外に解説本が出ればまだいいけど…出るのかなぁ…?
でも映画のパンフレットってその時しか売られないし
(しかもミニシアター系や、こういった微妙な人気の映画は;)、
諦められず、まだ上映している他の映画館に電話しましたが、ダメでした…。
週末に大阪に行くからと、大阪の映画館(行ける範囲)を調べましたが、
大阪も25日までなんですね〜〜…。あああ。
それでもしつこく、ネットで検索していたら、こちらを見つけ…
何と渋谷で『コープス・ブライト』展をやるらしく、
途端に目を輝かせました(笑)。
でもやっぱりパンフレットは売らないみたいですけど…。
『シネマでお邪魔〜♪』さんは新しくリンク貼りました。
ジョニー・デップの映画情報満載です。

たまに地方とかで再上映する場合もあるので、今後もチェックしていきます。
何という執念でしょうか。この執念を仕事に向けられないものかと思います。

日本語公式サイトはこちら。
[PR]
by dragons27_mayu | 2005-11-26 03:10 | MOVIE
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31