ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

タツさん…!

シーズンオフ中、そろそろ中スポも似通った話題で
生温くなってましたが、月曜日の朝、衝撃が走りました。
記事を書いている場合ではないのですが、これだけは何だか書かずにいられません。

「立浪 決意の1年契約 ダメなら辞める!!」
d0045862_436965.jpg


シーズン終了後、監督がサードに立浪を固定しない事、
そしてタツさんの打順だった「3番」に井端を
起用するかもしれない事を匂わせていた。
それからというもの、ポジション争いの1人森野や、
それを応援するファンの厳しい声もあった。
おそらく、タツさんや谷繁さんのようなベテラン選手には
そういう窮地に立たせるような事を言って、
奮い立たせるのも落合監督のやり方だ。
試合の勝敗に関して、絶対選手のせいにしない落合監督ですが、
たまには…というかシーズン前はムチも使います。
若手選手も育てなきゃいけないし、かといって今まで
チームに尽くして来たベテラン選手を軽視出来ない。
(ベテランの方が経験もあるし、持つ選手は若手より持ちますしね)
監督やコーチ業って大変だなと思いますけど、
シゲさんの時といい、やれる選手だと思ってるからこそ
崖から突き落とすのか、本心が見えない時もあります。
(実際、森野にはちょっと甘いんじゃないかと思うんですよね…
守備もタツさんより上だと思わないし、ムラが多いですから。
良い物は持ってますけど、タツさんより若いだけです。)

タツさんは昨シーズン終盤、持病の腰痛で(←確か)スタメンから外れました。
それでも代打で出る時は1打席でも必ず塁に出たり、繋いでいた。
シーズン中も、何度かそのバッティングセンスに感心する事もありました。



私は去年プロ野球選手の契約更改などのニュースを見て
ウダウダと記事を書いた事があった。
その後、ドラの選手の契約更改が始まり、
ドラファンとしても驚く保留が続きました…。
本当に、あのストは一体何だったんでしょうねぇ…。
それから年末に自分もボーナス&給料を貰った時、
値段よりも内容に疑問を抱く事があったので、
プロ野球の査定はもっと難解な物なんだろうなぁと思いましたが。
多分他球団とか高いじゃないですか…松中なんて7年で40億だし。
選手はそういうのも見てしまっていると思うんですが、
アジアチャンピオンになったロッテの選手なんてまだまだ安いですよね。
でも上というかトップを見ない人は、
上へ登り詰められないのかなと思いました。
金だけの世の中ではないけど、自分に自信を持つ事。
多分「オレは別に上に上がれなくったっていいよ」って人は
プロ野球選手に限らず、上へ登れないのかなって。
(金だけって人はそれだけの人生のサミシイ人間です)
自分は、テキトーに生きてる人間なので、そのテキトーな考えが
自分自身すなわち仕事の能力を生むだろうし、給料もこれ位かなと。
だから自分は必死こいてやったんだー!っていう自信がある人は
それなりに貰っていいですよね。それは誰かが決める物でもないですし。
(でも保留にして、年俸を上げてもらおう魂胆が
見えてしまうのが嫌なのですが;生っちょろい庶民の私としては)

未だに保留にして自費キャンプに突入してる人も1名おりますけど。
やっぱり優勝してないですからね…個人成績は良くなった選手でも、
チームは2位ですからね。個人成績も大事ですけど、
チームが勝たなきゃ意味がないじゃないですか…。
2位でもこれだけ上げろって選手は、日本一になったら一体…!?
(まぁ、がんばれ、中日球団経営者!←他人事)

荒木のアップは納得だったんですけどねぇ〜
(やっと1億円プレイヤーになりました)
児童所に寄付してるいばちんですら、2億円プレイヤーになってにんまり。
ちょっぴり人間不信になった日もありました。(笑)
そんな中、減俸でも即サインしたシゲさん、他球団だけど、
個人成績は過去最高(だったような)でもチームが最下位なので
金額は不満ながらもサインした前田さんは男だと思いました。

ここでやっと立浪さんに話が戻りますが、
ミスタードラゴンズと誰もが認めるタツさん。
おそらく今でもグッズもチームで一番売れてるでしょう。
エースもチームの顔ですが、ドラ一筋18年。
ルーキーイヤーから活躍し続けた方です。
そして今年、通算二塁打の日本新記録を打ち立て、
今後も記録をどんどん更新すると思っていました。

そのタツさんが「レギュラーで出られないなら辞める時期」と。
でもこの減俸を受け入れての1年契約も、レギュラーでという発言も、
自分はやればまだできるという自信があるからこそなんですね。
(確かシーズン中はまだ5年はやれると聞いた気がする)
これには悪徳…いやもとい、球団側も逆に圧倒されたそうです。
私のようなファンなんて「タツさんが、1年契約!??」なんて
ビビっちゃいましたが、1年契約が珍しくなった(?)今だからこそ
思うのであって、来年で最後という訳ではないんですしね!

「レギュラーで」とか「自分に納得が行かなくなったら」という
決断は本当にジダンと似ていると思います。
多分人並みの活躍では、自分自身が納得出来ないんですね…。
タツさんは所謂天性の持ち主というか天才型だと思ってましたが、
一昨年優勝した時は、1人居残り練習や休みを返上して練習もしてました。
(日シリでは人一倍活躍してくれましたし、その思いも強かったハズです)
そして野球にありがちなフォーム改善やら技術を磨くのはなく、
いつでも「氣」(気持ち)を大事にしてると聞いた事があります。
気持ちで負けるなという意味だったと思います。(あやふやですいません)

自分に厳しい人だからこそ、常に第一線で活躍出来たんですよね。

タツさんには、去年一昨年と女性問題でビビらせてもらいましたが(笑)、
やっぱり凄い人です、ええ。
今年は、今年こそ、タツさんを胴上げするぞーっ!
[PR]
by dragons27_mayu | 2006-02-01 04:36 | ドラゴンズ
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31