ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

3/12 ハイバーニアンvsセルティック 1−2

スカパーのサッカーセレクションを解約した為、
しばらく観れませんでしたが、今日ESPNでやっていて
久々に観れましたよーセルティックの試合。

俊輔のCKで逆転したというのは翌日の新聞で読みました。

で、前半途中から観たのですが、
ハイバーニアンのホームユニがセルティックと似ていて
(緑と白。デザインは全然違います;)、セルティックは
アウェーの黒のユニフォーム(3rdユニ?)だったので、
しばらくハイバーニアンとセルティックと間違えてました…
ユニフォームだけではなく、ハイバーニアンが良い流れで、
セルティックは引っ掻き回されてるだけでした。
俊輔もいないと思ったら、10分位観て、ようやく見つける始末。
何だかFWのように、PA近くの右(!)前におりました。
俊輔はケガから復帰後4試合ぶりのスタメンだったそーで、
1ヶ月位前まで観てたセルティックでの俊輔のアグレッシブな
動きとは全く異なっていた。パスミスというか、
貰ったパスをよくカットされていた。

スキンヘッドが魅力(?)のFWハートソンもいないし、
セルティックの動きは酷いし、観るのをやめようかと思ったのですが、
釘付けになったのは、キレイなモヒカンヘアの、ハイバーニアンの
FWライオダン(スコットランド代表)のFKでした。
動体視力の優れない私でも、アーチを描きつつも鋭く、
ゴール手前でふっと下に落ちて、ゴールネットギリギリのスペースに
刺さった。セルティックのGKボルッチが素早く反応し、
そのボールに触ったものの、ボールの精度が衰える事はなかった。
そのシュート、ベッカムさんに教えてやって下さいよーと思った。笑。

それから前半35分まで、4位のハイバーニアンペースで、
セルティックはとても首位を行くチームのように見えなかった。
ところが、その前半35分。流れが突如変わった。
この流れを変えたかったFWマローニがドリブルでゴール前に
突破を計ろうとしてFKを貰う。そして見事決めた。
ライオダンとマローニのFKを比べると、ライオダンの方が
凄かった。位置は同じで、マローニのゴールネット片隅に
刺さるシュートでしたが、マローニはまっすぐで
普通のキックに見えたのですが、ハイバーニアンのGK
シモン・ブラウンは反応が遅れて、取る事が出来なかった。
(このGKは後半17分、PA以外で手でボールを弾いてしまい、
レッドカードの一発退場→ハイバーニアンは後半10人で
闘う事となりました。その後代わったGKマルコフスキはキーンの
ダイレクトボレーシュートをしっかり取ったり、奮闘してました)





1−1のスコアレスドローなのに、ハイバーニアンは何故か
途端にペースダウンし、一気にセルティックペースとなる。
抽象的な言い方で現実味がありませんが、本当に
選手が入れ替わったかのような変わりようでした。
セルティックを応援してる筈の私ですら、ハイバーニアン
さっきの流れはどーしちゃったの??と思う程。
前半35分までは素晴らしいパスワークで、
セルティックを翻弄してたのに。どうしちゃったんでしょうか…。
前半「良い選手だなー」と目を引いたのが、
ハイバーニアンFWイヴァン・スプラウル。
しかし、このスプラウルでさえ、後半姿を消した。。。
サッカーにも魔物は潜んでいるかもしれません。。。
ただ、セルティックは現在首位を突っ走っており、
もう優勝目前。そこから発せられる底力でしょうか。
(マローニは背が低いのに…もとい、まだ若いのに凄いです)
いつもクールなストラカンがシーサーみたいな顔をしていて、
ストラカン監督が映る度に「獅子舞みたい…」と思ってましたが、
監督のいつも見られぬ表情を見たので、セルティックの選手達は
ただならぬ危機感を感じたんでしょうか?
ちょっとカロやんにも教えてあげて下さいな、その術。

俊輔のユニフォームがスコットランドのサッカー博物館に
飾られるそうですねー☆ウッシッシ(←何)
スコットランド・プレミアリーグの各チーム一人の
ユニが毎年入れ替わるそうなのですが。
しかし12チームなんて、日本のプロ野球と一緒ですねw
(←一緒にすんな?)

しかし気になったのは、この試合の俊輔のポジションですね。
ハーフタイムにフォーメーションを流さなかったので、
結局分からず終いでしたが、キーンが中心(中央)にいた気がしますよ…。
でも俊輔は前にいてもボールがちっとも来なかったので、
下がってきましたね。あと後半途中まででしたが、
後ろから足を引っ掛けられても転ばない所が凄かった。
セルティックの他の選手もでしたが、フィジカル強いなー。
マローニなんて、ロナウジーニョのドリブルのマネ(片足を
ボール前でくるっと回転させて、もう片方で蹴るフェイント)を
していて足を引っ掛けられ、思い切り顔から転んでましたが(笑。
サッカー小僧(!?)は皆、マネしたがるのですね。

あと俊輔ファンとして気になったのは、ハイバーニアンの選手の、
俊輔の扱いが手荒な事(-.-;ゴロゴロと転ばされるのはともかく、
その転がった俊輔に早く立てと言わんばかりに、手ではなく、
シャツを引っ張って立たせようとしたり、俊輔が来ると、
手で追い払ったり…他のクラブからしたら、嫌な存在なんでしょうけど。
スコットランドという特有な環境で、珍しいアジア人ですしねぇ…。
スコティッシュ・サッカーはまだまだ荒いです。。。

「アディダス+10」の俊輔率いる日本vsデル・ピエロ率いるイタリア。
俊輔や日本は中心を「デル・ピエロ」と言いますが、
イタリア側は「俊輔」の「し」の字もない…。
「ジャンプ出来ないのは日本人だけ〜♪」と言われてますね。
中沢はジャンプ出来ますよね?笑。

そーいや、oasisのリアムが「イングランド代表はゲイだ」とか
言ってたそうですが、マンC辞めるならセルティックファンにならない??
(前セルティックファンと言ったらしいんですけど、
レンジャースよりって意味かもしれません)
こうした発言って、自分も前しようとして思ったんですが
(WBC米戦で)、同性愛者の人から差別だとか言われないんでしょうか。

で愛国心がないのも一緒…(笑。って、自国ではまだまだ人気なのにー!
でもファンにすらボロクソ言う正直なギャラガーズが好きなのです。笑。
[PR]
by dragons27_mayu | 2006-03-16 03:41 | サッカー
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30