ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

谷繁激怒で分かった信頼関係

☆6/4 ドラゴンズvs楽天 9-2

今日はNHKの放送があったので、中継観れました!
やっぱりプロ野球セット入ろう。。。

ドラゴンズは初回に孝介とタイロンの二塁打で1点先制。
2回表にビッグイニングを迎えますが、
この回先頭バッターの光信に二塁打を打たれた事も大きかったけど、
森野を打ち取った(ファーストライナー)後に谷繁に与えた四球は、
楽天の先発・藤﨑に与えた影響は大きいとその時思いました。
そこで点が繋がるとかまで思わなかったけど、
あの四球で藤﨑はかなり落ち込んだように見えた。

そしてオレたちのナベ(笑)が立浪コースと思える
(サードの守備の意表を突く)レフト線に二塁打を放ち、
1塁ランナーの谷繁も帰って来て、2点タイムリー!
続く英智がヒット&盗塁、井端がゴロで倒れて2死、
続く孝介が2点タイムリーヒットで、5-0!

今日はドラが二塁打を沢山打ってくれるので嬉しかった☆

そこからドラ打線は、ロッテから移籍してきた2番手の川井に
抑えられ、しばらくヒットが出ませんでしたが、
8回表、タイロン四球→アレ様併殺打で走者なしの2死。
今日5番DHの光信が四球を選び、森野が二塁打で1点追加!
この回からマウンドに上がった谷中が、
シゲさんのひじか痛めているという腰に死球。

シゲさんは今年死球が当たっても、こちらの心配をヨソに
あまり痛がらず、1塁に走る事が多かったのですが、
この時は谷中に向かって激怒。両チームの選手が止めに入りました。
確か04年か05年から「(ピッチャーに)怒らない」事を心がけ、
ピッチャーがとんでもない所に投げても怒鳴るどころか
怒っている素振りを見せる事なんてなかったけど、
勿論死球を当てられて怒る事なんてなかったシゲさんが
怒っている!と少々ビックリしました。

打率が下がっている事(今は1点台)もあるのでしょうが、
この回シゲさんはチャンスに、不調でもどうにか打ってやろうと
打席に入っているように見えたので、このすっぽ抜けの
スライダーにならなかったインコースのフォークに
腹が立ったと思う。
シゲさんはチームメイトや関さん(!)やカツノリがなだめても、
しばらく怒っていた−…のは、分かるが、
タイロンがまるで死球を当てられた本人のように
抑えられて怒っていた(笑。
タイロンはシゲさんと仲が良いからでしょうか??
チームメイトの為に怒ってやれる優しい面もあるんだなと思いました。

そしてその谷繁死球の後、オレたちのナベさんが、
二塁打!さっき死球を当てられたシゲさんもホームへ激走して、
2点追加して、8-2!(いつの間にか楽天が2点入れてますが)
そして最後はオレたちの英智が(英智もか・笑)、
センターヒットで1点追加し、9-2!
一度は流れかけた楽天の反撃を許しませんでした。

死球は当たったバッターが悪いとか、当てたピッチャーが悪いとか
インコースばかり攻めるピッチャーに対して
不満を露にする球団もいましたが、
ヒーローインタビューでナベさんが
「シゲが死球を当てられた後だったから打ってやろうと」と
言っていました。
WBCで最年長であり、ベテラン捕手のシゲさんですが、
ナベさんにとっては同級生(半年ナベさんの方が生まれが早い)。
普段は「耐えるばかり」のシゲさんですが、正捕手が不調な時こそ
文句を言わず仲間を支えて行こうとするチームメイトの意志が
見れて、今日もシゲさんからヒットは生まれなかったけど、
良い試合でした。

チームメイトからの信頼は今日だけとか今年だけじゃなくて、
シゲさんがドラゴンズに来てからの積み重ねを、
チームメイトが一番分かっているからなんだと思います。

試合内容を完璧に語ってない記事ですいません(^^;
(いつもの事ですが)

あ、小笠原と久本はまだまだ不安の方が大きいですね。
[PR]
by dragons27_mayu | 2006-06-04 18:03 | ドラゴンズ
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31