ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

打線の弱さ

★7/1 カープvsドラゴンズ 8-7
★7/2 カープvsドラゴンズ 3-0


遅くなりましたが、観戦したカープ戦の事について
思った事をそのまま語らせて頂きます。

首位になったドラゴンズ、ここに来て、
セ・リーグ5位のカープに負けてしまいました。
鯉がカモだとか、下位だとかBクラスだとか、優勝の為に
「下位球団に取りこぼさない」だとか言ってますが、
カープ打線は、ドラ打線よりずっと強いと思うし、
憲伸はカープとの対戦成績はあまり良くないと思う。
「巨人戦だから、阪神戦だから余計に熱が入った」とかよく聞きますが、
憲伸もどこかナメている部分があるのかもしれません。

もうペナントも折り返し地点に差し掛かったこの時期に、
首位に10ゲーム差付けられている球団には、
下位から勝ち星をもぎ取ろうなんてセコい考えはなく、
首位チームとの対戦だろうと、まっとうに勝ちに来ました。

私は下位球団に勝つより、阪神や巨人に勝つ方がよっぽど嬉しいです。
もし自分が応援しているチームが下位だったら、
他のチ−ムに負けても、首位には勝ったゼ☆なんて
あまり自慢にならない事を鼻にかけるタイプです。
荒木や井端は今年あんまり打率が良くないけど、
今現在、藤川から点を取った最後のバッターなんだぜーとか。
(荒木は去年も藤川からよく打ってましたねw)

エラそうな事を言うようですが、
貪欲さは、何位に行っても忘れてはいけません。



という私も、ドラ側の応援席が取れなかった事とカープ戦だった事もあり、
2日は初めてレフト側外野応援席で観戦しました。
(レフト側内野席は貰いチケットで何回かあったけど)
カープのスクワット応援が間近に見られて良かったです。
阪神ファンには数には負けても心は負けんっ!と思うのですが、
カープファンの気迫には感服するばかりです。
(カープとカープファンのファンですから・笑)
金曜日と土曜日に先発した憲伸や昌さんはどうか分からないけど、
カープ戦はどうも戦闘意識が薄れてしまいます(´ω`)。

そしてっ!嬉しい事に、2日は前田さんが
スタメンレフトで出てたんですよ〜〜〜!
(1日はお休みでした。代打で1打席出ました)
打者によってポジションを変えるので、見にくい&遠くなる事もありましたが、
前から6列目だったので、前田さんを近くで見れて感激しましたっ!
お尻の横が痛いのか、そこをポンポン叩いたり、
ピッチャーが投球に入る前は軽くストレッチしたりしてました(笑。
初回にセンターが森野の外野フライを捕球した時は、
軽くガッツポーズしてました。

いちいちカッコ良かったです!=3

1日は、6回表に同点にされましたが、落合監督は
6回裏、昌さんに打席が回っても交代を告げず、
ドラはたった1本のヒットで、1点取ったのです!
それは四球2つと、井端のデッドボール。
井端の背中に打球が直撃して、当たった瞬間、井端は
飛び跳ねて痛さを紛らす為に、1塁ベンチ前まで走りました。
背中は、避けて当たる為(手よりは?)痛くないと聞きましたが、
その後守備についた時も背中を気にしていたので、
痛かったと思います。
故意的ではなかったにしろ、井端がもぎ取った1点でした。

しかし次の回に2点取られ、逆転されてしまいます。。。
2番手のよっちは、今季18試合を投げ、防御率が確か0.8とかで、
自分も「よっちは抑えてくれる」と安心してしまいました。
が、この日のよっちは良くなかったですね。。。
よっちの打ちにくいであろう変則投げが、
投げる球投げる球、打たれるといった感じでした。

初回に3点取られた昌さんでしたが、5点取って逆転し、
昌さんには勝ってほしい!という思いが強かったので、
この時昌さんの勝ちが完全に消滅してしまって、
試合が終わってないのに、酷く落ち込みました。
その後ドラは追いつきますが、カープは最終回に1点返し、
ドラはもう追いつけませんでした。

この日3番手としてマウンドに上がったあっきーはノーヒットに抑え、
良かったんですが、平井が…。
後ろの席の人が「平井、またか!」と叫んでましたけど、
平井が抑える試合は多いのに、終盤に投げる事が多い平井は、
失点すると戦犯扱いになってしまう事が多いですね。。。
失点していいとは言いませんが…でも大事な所で打たれている
証拠なので、頑張ってもらいたいですね。

「投手がいい」と言われるドラだけど、
今は岡もっちゃんも2軍でいないし、
ドラの中継ぎ陣は今ちょっと危険な時ですよね。
川岸や山井は何をやってるんでしょうか。
中田や中里という「将来のエース」は今季もまた
フルシーズンで活躍出来そうにありませんね。

2日は、カープのエース黒田さんと、
安定感に欠けるマルティネスが先発でした。
開始前から勝てる可能性が低い対決でしたが、
この日マルちゃんの息子が観戦しに来ていたらしく、
何と、6回まで0-0の投手戦!!
マルちゃんも2つ四球を出してましたが、そこまで被安打1でした。

が、カープのラッキーセブンに、カープの4番・新井が
1発で見事に先制。
前日の3ランで満足しきって、また怠慢しているウチの4番とは
大違いですなw
黒田さんを打つのは難しいでしょうけど、
森野が打ったり、四球を貰ったり、3安打ながらチャンスを作って
4番に回しても、打てないんじゃあね・・・そりゃ負けるよ。
5番のアレックスも最近あまり良くないしね。
でもアレックスは怠慢と思わないんですが、
タイロンは守備も手伝って怠慢って思ってしまいます。

この日も、奈良原さんがファインプレーしていたのに、、、

8回表、動いて来たのドラではなく、1-0で勝っているカープだったと思う。
東出が出る事によって、足を使って中日バッテリーを崩し、
2点追加して、この日の試合を決定付けさせました。
それでも最終回2死、4番タイロンにチビッコ達が声援を送ってました。
「やっぱり」な結果で終わりましたけど。

8回裏1死で、谷繁に代えて代打・立浪を送っていましたが、
果たしてもしこの回に4・5番に打席が回っていたら、同じく不調の
タイロンやアレックスに代打を送る事は出来たんでしょうか?
結局立浪も、その後代打で出た高橋光信もあっさり崩れ去り、
黒田さんに完封負け。
タイロンとブラジル代表のロナウドが重なって見えて仕方ない。
(身体重そうですしね・笑)

ドラゴンズは守備のチームですが、このままでは
エースピッチャーに当たると負けが決まってしまう。
逆転したのに追いつかれた1日はともかく、
2日は良い試合になっていたんじゃないかと思う。
あまりにもピッチャーの負担が大きい。
やはり孝介がいない穴は大きいです。

それと、打順はあまりいじらないと言っていた落合監督でしたが、
荒木が帰って来ても、1番森野は定着。2番・荒木、3番・井端でした。
いじらないのなら、荒木が戻って来た時点で、
荒木・井端・森野の順番だと思いますが。
森野は今、あらいばより打撃の調子良いですもんね。
でも守備に不安がありますが、3番立浪が一番良いと思いますけど。
巨人戦は3タテしたものの、やっぱり孝介がいないと痛いなぁ…。
[PR]
by dragons27_mayu | 2006-07-04 04:23 | ドラゴンズ
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30