ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

オリンピック・リヨン×ASローマ 2nd leg

オリンピック・リヨン×ASローマ 0-2

最初に言ってしまうと、スタッド・ジェルランで
0-2で負けるとは思ってなかったです。。。浅はかだったんでしょうか。。

前半はリヨンペースが続いていましたが、
ローマがボールを奪うと一気にカウンターで
素早くゴールに攻め上がり、ヒヤっとするシーンがありました。
実際、6分のデロッシのヘディングは、トッティが反則したらしくて
(分かりませんでしたが)得点には認められず良かったと思いましたが、
あの辺りからもう危なかったのかもしれません。
リヨンは2007年に入ってからの不調からまだ脱出してないんですかね…。
リヨンは前半創造溢れた攻撃やサッカーをちらちら見せてましたし、
ローマの攻撃なんて「カウンターじゃん!」と思いましたが、
カウンターがサッカーの規則に反している訳ではないんですから、
何の言い訳にもなりませんよね。自分が好きじゃないと言うだけで。
1日経って全体通して思い出してみると、ローマの方が
攻撃力というかシュート力が強かったですよね。破壊力と言うんでしょうか。
私、フローラン・マルーダのプレーが大好きで、実はリヨン好きも、
レ・ブルーでマルーダを観て、すっかり気に入ってしまった事から
始まるんですけど、ドリブルやパスは巧いなぁ〜!っていつも
ホレボレするんですけど、シュート力はないですよね。。。
マルーダだけに限らず、フレッジがメクセスに抑えられてた
このローマ戦では、中々力のあるシュートを蹴られなかったですよね。
ローマのGKドニの好セーブもありましたが。
ローマの固い守備が中々崩せなくて、最後の方リヨンは
セットプレー頼みみたいになってましたよね。。
後半ウリエはんがどんどんDFを削って、攻撃的な選手を
入れましたが、流れからの攻撃は全然出来ませんでしたし、
FW増えた感じがしなかったっす。。ああ、ヴィルたん、、




そして「攻撃的な両チーム」と言われていましたが、
(最近の)リヨンはともかく、
ローマは攻撃より守備が巧いチームと思っていました。
悔しいので認めたくないんですけど、
攻撃も守備も相手が上だったと言う事でしょうか。。。
リヨンの守備は少し手薄だったような気がします。
確かにトゥラランの不在もあったと思うんですけど。
でも「ずる賢い」という言葉がピッタリ合うチームで、
最初はリヨンを中々止める事は出来ず、スライディングして
ボールをクリアしてばかりで、流れを止めるのが続いて
うんざりしてましたが(もしかしてこれも戦術?)、
プレッシャーもかなりキツかったみたいで、
温和なフレッジがキレてましたね。
腕を掴んだりするなとか言いませんけど(出来れば避けてほしいが)、
ローマのディフェンスはちょっと執拗な感じがしました。

リヨンは前半に2点も取られ、
どんどん焦って行っている感じがしました。

でも0-2という決定的なスコアは付いていますが、
非常に競って緊迫した内容で、良い試合だったと思います。
[PR]
by dragons27_mayu | 2007-03-09 02:55 | サッカー
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31