ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

谷繁独占インタビュー

まだ書いてない試合レビューもありますが、
地方の谷繁ファンの方や、うっかり見逃してしまった方の為に、
5/20に放送された「サンデードラゴンズ」谷繁インタビューを書き起こします。
永久保存版です、この日のサンドラ!!





『谷繁が語る捕手の3つの仕事』
■捕手の仕事1: キャッチング
谷繁「しっかり(ボールが)取れる事がまず第一で。
取れないことにはどうにもならない。
いいキャッチングができないと、まずピッチャーに信頼されない。」
■捕手の仕事2:スローイング
谷繁「次に、盗塁を刺す」
■捕手の仕事3:リード
谷繁「そういうのができて次にリードが」

ナレーション
「谷繁は捕手の仕事で一番大事なのはキャッチングと考えている」

谷繁「試合にも、まずリードがいいだけじゃ、
(ボールが)取れなきゃ試合に出られないし」

谷繁は捕手の連続守備機会無失策記録を塗り替えたが、
2007年の始まりはどん底にいたと説明。
試合の正念場の打席の代打に立浪が送られた。

谷繁「(それを聞いて少しフッと笑い)
まぁ、それは…しょうがないかなぁっていうのもあるし…。
えー…(まっすぐ前を見て考えつつ)ま、監督の選んだ…
戦術というか。それには僕たちは従わなきゃいけないんで。
(インタビュアーの方を見て促すように話す)それだけですね」

谷繁「まぁ…4月は僕の代打に立浪さんが行く事が多かったんですけど、
出る度に結果を残して帰って来てくれるんでね。
だからその分はまだ…なんか救われているじゃないですけど、
凄いなって思いながら」
(と立浪の姿を思い浮かべてか、少し目を輝かせながら言う)

打席だけではなく、スタメンマスクも譲る事もあったし、
後を任される事もあったとナレーション。

谷繁「勝ってる試合、同点の試合、1点差の試合、
そういう緊迫したところで途中で出て行くというのは、、、
まぁ緊張するし…
(インタビュアーの方を見てにやっとはにかみ、ぺろっと舌を出す)
経験したことがあまりなかったんでね、いい勉強だと思ってやってますね。」

ナレーション「小田や清水の仕事をベンチで見るのも勉強になると谷繁は言う」

谷繁「僕にはない、やっぱり感覚っていうものを、
あの2人は持っている訳ですから…だから自分だったらこういったのに、
あぁこういうので成功するのかとか、いろいろ勉強してますね。」

ナレーション「勉強したいという思いがあるから、
ベンチに控えていても、谷繁の気持ちは切れない。
切れないから、途中出場でもすぐに試合に入れる」
5月に入って、谷繁もほとんどスタメンで出場、
チームも落ち着いて来たと解説。
「横浜で日本一を経験した谷繁に条件を聞いた」

谷繁「うーん…(ふと笑い)普段バラバラでもいいけど、
とにかくひとつになることじゃないですか?
野球に対して、試合に対して」

インタビュアー(少し驚きつつ)「普段はバラバラで結構なんですね?」

谷繁「超バラバラでいいと思います」(にっこり)

インタビュアー(少し笑いを堪えながら)
「横浜のときはバラバラだったんですか?」

谷繁(笑いながら)「バラバラです」

インタビュアー爆笑。


とまぁ少し端折った部分もありますが、以上です。
谷繁ヴォイスは全て書きました。
(「まぁ」や「まず」が口癖?なのか、それは多少省きました)
スタジオでは山田久志と佐々木恭介が谷繁インタをじっと聞き入ってました。
若狭アナが「谷繁選手のインタビュー、ご覧になって如何ですか?」と聞くと、
久志は「彼はいずれ絶対指導者になれる人間なんです。
今非常に良い経験をして、それをいずれ生かす機会が来る。
それをグッと胸に秘めて、これからも頑張ってほしい」と語った。
「19年目のベテランでもまだ勉強ですか」とアナウンサーが言うと、
久志は「若手もベテランも関係ないです。ユニフォーム脱ぐまでが勉強です」
と答えた。
思えば、久志がシゲさんをドラに呼んで下さったんですよね。

最後の「バラバラ」は、「個性的」って事じゃないかと思います。
これだけ変人の多い…間違えた、個性的な人が多い野球界なので
(というかそういう我が道を行く人じゃないと、極められないのでは?)。
別に普段一緒に仲良くしたり、群がったりしなくていいと。


私はこのインタビューを聞いて、
何と言われようが、本人にあしらわれようが、
やっぱりシゲさんが好きだーーーっ!とつくづく感じました。
シゲさんがドラに来る前からドラファンでしたが、
私をここまでドラキチにさせたのは、他でもないシゲさんです。
私は己の信念を最後まで貫き通そうと思います。
まだ本調子ではないと思われますが、この時期に
こんな本音に迫った貴重なインタビューが聞けて良かったです…!
シゲさんは表向き良い人ぶって好かれようとする人ではなく、
常に自分に正直で、己を偽ってまで人に好かれたいと思わない人だと
思うので、聞いていて清々しかったし、
本人の表情も、ペナント中のせいか少し神妙ながらも
(ペナント中のロングインタは滅多にないのでは??)、
目は相変わらずキラキラしていて良かったです(´ε`*)。

シゲさんは非常にサバサバした人で、「勉強」と言ってますが、
プロとしての立場、チームを引っ張るべき存在であると同時に、
チームの事を一番に考えているので、自分が抑えるべき部分は
こうして抑えているのではないでしょうか。
「勉強」は打たれて負けた時とかにも言ってましたが、
モットーが「初心」のシゲさん。「勉強」は本心だと思います。

キャッチング面に関しては、シゲさんはピッチャーが
気持ちよく投げられるように気を配っていると以前聞いた事があります。
(本人は「気を配っている」という言葉は使ってませんが)
例えばミットの音とか。
リードが3番目なのは意外でした。
極めた人は言う事が違いますねーー!というかここにも
シゲさんの「初心忘れるべからず」が出てると思うんですよ。
基本をしっかりやる人なんでしょうね。


正直あまり見応えはありませんが、番組のホームページURL。
http://hicbc.com/tv/sundra/
CBCテレビや若狭アナはあまり好きじゃありませんが、
山田久志や落合英二をゲストコメンテーターに呼ぶ事が
多い番組だし、映像の作りは好きですよ!
[PR]
by dragons27_mayu | 2007-05-23 03:18 | ドラゴンズ
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31