ドラゴン龍

dragons27.exblog.jp ブログトップ

About a Real Madrid

会社で同じ部署の社員の1人がサッカーが好きな事は知っていたが、
一緒に仕事をした事はなく、あまり喋った事はなかった。
が、昨日(3/5)は私が会社のMacを↓の壁紙に貼っているのを
見て(それまでもマドリーの壁紙何度も貼ってた事はあったんだけど)、
ゴミ捨ての時に偶然会って、あちらから話しかけて来た。
私がマドリーファンと言うと「じゃあライバルだ」と言うのだ。
Jリーグ好きというのは知っていたけど、バルセロニスタらしい。
バルサが最近日本でも騒がれてるせいか、Jリーグとバルサが
好きだなんて、失礼にも安直すぎっ…と思ってしまいました(爆。
マドリーもギャラクティコの時はそうだったと思うけど。
何だろうなぁ、ナホ太郎と同じ臭いがプンプンしてしまいました。
いつバルサも好きになったか聞けば良かったなぁ。
他にも国外で好きなクラブあるか聞けば良かったなぁ。
まぁどーでもいいけど。なんて性格の悪い私なのでした。笑。

それよりマドリーは今リーガ首位だからいいなぁと言っていた。
でもバルサはセルティックと当たって、
CLベスト8進出決定したからいいじゃんと返した。
リーガも勿論(マドリーに)獲ってほしいけど、
ビッグイヤーも今年こそ…!と思っていた。
ラウ−ルに掲げてほしかった。

先週そのリーガ・タイトルもちょっとヤバかったけど、
バルサはCL前のアトレティコ戦でメッシを温存して負けてたし、
うちのカピタンなんて、わけぇメッシとは違って
三十路ですけど、ちっとも休んでなくってよ。
(休ませる余裕すらないのもあるかもしれませんが)
という事も端折りながら付け加えた。

そしてCL決勝トーナメント2ndレグである。
今まで散々働いたし、今週は仕事がだいぶ落ち着いているので、
今日は昼から出勤にしてもらった。



ニステルさんがケガでお休みで、ラウール1TOP。
でもグティもロビーニョもペペも復帰したし、大丈夫だろうと思った。
今いるメンバーで一番のスタメンを組んで来たんじゃないかと。

最初はマドリーが上手くボールを回しているように見えた。
1stレグとは違い、持たされているのではないように見えた。
マドリー陣地に行く事も少なくて、イケル君は暇そうだった。
でもローマの壁もとい最終ラインは頑丈で、中々破れない。
持たされてる感はなくとも、中々前に進めない。
ラウールも1TOPのせいかゴールエリアの近くからあまり動かないし、
いつもはサイドからも走り回るロビーニョもニステルさんが
いないせいか、中央寄りで狭い範囲でのプレーが多く、
無謀にも突破を計ろうとして、よくボールを取られていた。
それでも前半の後の方は良い攻撃の形を作ろうとして、
細かいパス回しをしてみるも、お互いの創造力が
噛み合わなくて、せっかくのパスがおじゃんになる事が多い。
折角一人が良いパスを出しているのに、違う方向へ動いてしまったり…
何でしょうかねぇ、あれ。最近のマドリーに多いんですよね。
良い時は素晴らしい位ピタッと呼吸やらリズムやら合うのですが。
そしてラウ−ルに回す前にやはり止められて、シュートすら打てない。
後半何とかこじ開けようとチャレンジする動きが切なかった。
ローマを崩す筈がだんだん崩されて行ったのかもしれない。
前半あまり攻められなかったけど、
たまにポッカリと空く最終ラインが怖くてたまらなかった。
サルガド兄さんはテーピングが痛々しいながらも、
動き続けていたと思いますが、もう少し早めに代えてくれれば…。

何だかローマ側はどの位置からも強烈なシュートを放っていたのに、
バティスタ以外は、GKドニが取れないような
効果的なシュートが打てなかったと思う。
と思っていたら、ディアラがミドルを突然打って、
これだーと思ったけど、それっきりだった。。

そして審判もかなりマドリーを苛つかせただろう。
マドリー側も特徴が分かると利用していた感があるけど
(トーレス君以外・笑)、見事なまでに、
「ユニを少しでも引っ張ったらファウル。
ハンドは絶対取らない」って審判は初めて見た〜〜…
ラウールなんて滅多にファウル取られないんだけどなぁっ。
あんなに動きが止まったら、サッカーにならんつうの!
たまには多少当たってしまっても倒れても、人じゃなく
ボールに行ってればファウル取ったりしなくていいというオレ持論。
でも負けた今となっては、負け犬の遠吠えにしか聞こえないでしょうが。

あああ。

ペペが退場になって、失点してからの奮起は、
1人少ないとは思えなくて、
キレイではないけど泥臭い感じで、
それでも前に進めないよりは良いと思ったのだ。
思ったのだけども、そう長くは続かなかった。。
同点にはしたものの、逆転しても更に追加点を入れなくては
ベスト8に進めない痛手を負ってしまったマドリー…。

試合終了の笛が吹かれた時、グティ、ちょっと泣いてませんでしたか?
(ガゴもちょっと潤んでたような)
額の汗を拭っていたのかもしれませんが。
またカメラワークが、グティの顔が見えない位置や背後から
撮って、泣いてなくてもその姿がやたらと涙をそそる。
終盤に逆転されて、チームメイトがグダグダになっている時に
おそらくグティだけが最後まで諦めてなかったから、本当に泣けました。
ヘタフェ戦に続いてグティがたまに良い所を見せるので、
本当に胸が締め付けられる思いになります。
何だろうな、グティって。
決して熱くチームを引っ張るリーダーでもないし、
渋さというような風格や落ち着きも出ないし(笑。
そういえばラウールが確かファウルして笛が鳴ったのに、
グティがボールを追って走り出した瞬間に気づいて
両手で頭を抱えて悔しがったのは一瞬で、くるっと振り返って
片手を後頭部にやって「ど〜もスイマセン」という調子で
笑っていたのがウケた。しかも蔓延の笑みに近かった。笑。
(申し訳ない時片手を後頭部にやる動作ってオタクじゃなくても
オタクっぽいな〜と思う事があるのですが、グティは予想外・笑)
私が審判だったら、うっかり許してしまいそうなグティ笑みです。
あの試合中白い歯を見せたのはグティだけだったのでは。

最後、座り込んでたマドリーの選手がいたけど、あれは誰だったんだろう。
終了すぐ現地のマドリディスタの涙ぐんだアップが続いて、
悲しみに明け暮れ、やっとローマ側が映ったって感じでしたね。
きっと生放送見ていたローマファンはムッとされたに違いない。

試合が終わってすぐ寝て、仕事に行く為に起きたけど、
思い出してはまた布団に潜り…を繰り返し、
会社に行く前に何度も思い出しては、悪夢だ…と思う事数回。
悪い夢見ても現実に帰るとホッとする時がありますが、
(私的に)ツライ現実を突きつけられると、立ち直り様がありません。
こういう時は好きな音楽を聴いても元気が出ません。
マドリーが次に良い試合をやって勝つまでは。


素晴らしい選手がいなくなってしまったけど(B以外)、
07/08のマドリーは凄く良いチームだと思うのですよ。
ギャラクティコから氷河期(とまで言うか?)に入って、
選手もマドリディスタも辛い時期が続いたと思う。
新加入したあまり有名じゃない選手も最初は分からなかったけど、
観ていたら良い補強したんだなと思った。
だから今年こそはと思いが強かったし、
リーガ・エスパニョーラが世界最高峰のリーグだと思っている
私にとっては、リーガ首位のレアルがここで負けてしまうのも辛い。
優勝という贅沢は言わないから、せめてベスト8位は…
もう少し先が観たかった。

と書いた後に、Goal.comを見たら…
先を見据えるラウール
カピタンの言う通り…!
ファンでもマドリーの方が良かったと言うのは難しいかもしれないけど、
“より良い結果を手にするべき”なのはマドリーだったと思ってしまう。
そして、まだリーガが残っている。
[PR]
by dragons27_mayu | 2008-03-07 00:34 | レアル・マドリード
line

野球はドラゴンズ、サッカーはシャルケ04とレアル・マドリードとオリンピック・リヨンとレ・ブルーとセレステをこっそり応援するブログです。ドラに続いてグランパスのW優勝も祈ってます♪


by dragons27_mayu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31